10000円の火災報知器(火災警報器)の補足説明

2021年11月8日

楽天市場等の住宅用火災報知器(住警器)販売サイト補足説明

楽天市場 9000円~10000円価格帯 火災報知器 火災警報器 補足説明

9000円~10000円価格帯 火災報知器 火災警報器  補足説明 一覧 

【参考】
この価格帯でも、標準的な戸建て住宅に必要な住宅用火災警報器をセットで販売しています。
(いずれも単独式です)

煙式住宅用火災警報器 4個 + 熱式 住宅用火災警報器 1個 (市町村条例で台所に熱式住警器が設置している場合に適しています)
煙式住宅用火災警報器 3個 + 熱式 住宅用火災警報器 1個 (市町村条例で台所に熱式住警器が設置している場合に適しています)
煙式住宅用火災警報器 2個 + 熱式 住宅用火災警報器 1個 (市町村条例で台所に熱式住警器が設置している場合に適しています)
煙式住宅用火災警報器 4個 (2階建て居間3室 階段ありなど)
煙式住宅用火災警報器 5個 (2階建て居間4室 階段ありなど)


【参考】
家庭用ガス警報器
都市ガス用 住宅用火災(熱式)・ガス・CO警報器 はこちらの価格帯で購入できます。台所でのガス漏れ、CO、火災を1台で検知する複合型の警報器です。

【参考】住宅用火災警報器 けむり当番 ねつ当番 【天井埋込型用】 準耐火ボックス

準耐火構造の住宅でpanasonic熱当番 けむり当番を使用する場合の天井埋込型用準耐火ボックス
準耐火構造の住宅にけむり当番・ねつ当番を使用する場合は、この商品を取り付ける必要があります。
耐火ボックス上部の穴よりAC電源コード 連動信号線コード(連動している場合)を挿入し端子を経由し、 けむり当番・ねつ当番 に接続します。

準耐火構造の住宅 用耐火ボックス

準耐火構造とは :
七の二 準耐火構造 壁、柱、床その他の建築物の部分の構造のうち、準耐火性能(通常の火災による延焼を抑制するために当該建築物の部分に必要とされる性能をいう。第九号の三ロにおいて同じ。)に関して政令で定める技術的基準に適合するもので、国土交通大臣が定めた構造方法を用いるもの又は国土交通大臣の認定を受けたものをいう。(出典出典:e-Govポータル (https://www.e-gov.go.jp)

【参考】
在庫時の劣化を考えた場合、こちらも2021年製と記載されている製品を推奨いたします。

楽天市場で9000円~10000円で販売されている住警器